2007年05月29日

視力回復にビタミンC

病院行くのはちょっと・・
サプリメントは怖いし・・

視力を回復するのは、食べ物から・・の方が自然でいいです。

第1弾として、ビタミンC
あまりにメジャーですが、ビタミンCには水晶体を守る効果が
あるのです。

手っ取り早く取れるビタミンCとして果物があります。
じゃあ、なに?レモンかよ!と思ったでしょう。

そうです、レモンには100g中100mgのビタミンCが含まれています。
その他にも、みかん・オレンジ・ゆずに40mg、苺62mg、パパイヤ50mg
など、食べやすいもので、視力を回復しましょう。
posted by kin at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月07日

目をよくする方法−レーシック手術

目をよくする手術に、レーシック手術があります。
レーシックは、マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくり
、そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。


・利点
眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。
手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。
生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。 比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)

・欠点
低いとはいえ、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではない。
希望する全員が受けられる手術ではない。(角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる。)
まだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていない。
コントラスト感度が低下することがある。
術後一過性にハロ・グレアが出現する。
ドライアイになることがある。
眼圧が手術前よりも低下するため、眼圧検査時はレーシックを受けたことを申告する必要がある。
裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。
角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。
角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。
近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない。
レーシック自体の欠点とはいえないが、老眼になることは避けられないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。また正視の人と同様、近視の人よりも老眼の自覚症状が強くなる。
航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)
白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある
タグ:レーシック
posted by kin at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年05月04日

眼を良くする・視力回復

 私は、近視で遠視で乱視です。しかも倒立乱視で非常に目が疲れます。さらに慢性結膜炎です。
 しっかり子供も近視で、目を細めて物を見る癖がついてしまいました。我が家では、ルテインとクロレラを併用していますが、中々視力は回復しないどころか悪くなるばかりで困っています。
 なるだけ、目を休めて遠くを眺めるように言っていますが、親譲りの頑固さから言うことを聞かない。
 私自身は、ビルベリーが効果があるように思います。ただし、飲んでから3時間くらいかかりますが・・・
 それに同じビルベリーでも製薬メーカーで効き目が違うようですので、とりあえずお試しパックのあるものをお勧めします。
 厚生労働省のお墨付きはあてになりませんから、あくまで自身で試してからにしましょう。

タダで目を良くする方法−とにかく遠くを眺める癖を付けましょう
タグ:視力回復
posted by kin at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月27日

子供の視力低下

子供の視力検査が最近学校であって、右がC、左がDだとか。
子供のいない人にはわからないかもしれませんが、Cは、0.3〜0.6
Dは、0.3以下のことです。さほどゲームする訳でもテレビを見続ける訳でも勉強をする訳でもないのに、完全に近視です。
今は、眼鏡をかけていますが、いつコンタクトになるかわかりません。困ったもんだ!
子供の視力回復にルテインとクロレラ飲ませていますが、今のところ効果はわかりません。子供には、夜に遠くを眺めるよう言っていますが、3日と続きません。困ったもんだ!
子供は、本当に困らないとわからないようです。

タグ:近視 子供
posted by kin at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月27日

視力回復の知識

眼鏡【メガネやコンタクトをお使いの方、
 レーシックという視力矯正手術をご存知でしょうか?】
レーザーで角膜の一部を削る手術で、素晴らしい技術ですが、いかんせん手術費用が高額です。
でも、高額なレーシック手術代を取り戻す方法を見つけました。
実質無料でレーシックはできますので、無料レポートを見てください。

目視力や近視、めがねに関して、間違ったことを信じていたがゆえに近視になってしまったとしたら、後悔することしきりでしょう。一生の後悔になる前に是非一度お読み下さい。お子さんの目を守ってあげたいのなら、目が悪くなる前に誰もが知っておくべき、視力回復の基礎知識です。
posted by kin at 23:41 | TrackBack(1) | 日記

2007年02月21日

視力回復方法

 物が見えにくかったり、かすんだりするのは、辛いものがあります。
 何故、視力は低下するのでしょうか?
 先天性のものについてはわかりませんが、一般的に視力低下の原因は、生活環境にあると言われています。
 現在、私たちの生活環境は子供も大人も近くを見ることが多く、遠くを見る機会が少ないと言えます。そのため、遠くを見るという遠方調節機能の働きが弱くなっているためです。従って、生活習慣の中で、意識的に遠くを見ることを身につけることが出来れば、自然と視力は回復します。昔から星を眺めるといいと言う理由はここにあります。
 しかし、忙しい現代人に「そんな悠長なことを・・」とお思いであれば、目に負担のかからない習慣をつけることをお勧めします。
 目のピントを合わせる働きをしているのが水晶体とそれを支えている毛様筋です。近くを見続けることによって、毛様筋は緊張し、水晶体は厚く膨らんだままの状態になります。この状態が近視で、目に大きな負担となっています。つまり、勉強、読書、デスクワーク等の近くを見続けることが、目に負担をかける原因です。水晶体の膨らみは、距離に比例します。近くを見続けると、どんどん目の疲れが増してゆくことになります。これは毛様筋の緊張状態が続くことと同じです。ですから、こまめに視点を遠くに移動させることなどで、この毛様筋の緊張を途中で緩めてやる必要があります。「近くを見続けず、遠くを見る」クセ(習慣)を身につけましょう。ここまでは、どなたにでもできる簡単なことです。ぜひ実行を!
 簡単に視力を回復させる方法にメガネがあります。しかし、正しい使用を行わないと、回復どころか維持も出来ない事態に陥ることがあります。視力回復にむけての正しいメガネの使い方について考えましょう。
 近視メガネは、あくまでも「遠くがよく見える」ようにかけるメガネです。決して近くを見るためのメガネでありません。視力0.1までの中程度の近視では、裸眼で遠くを見るときはボケますが近く(30〜40cm)は楽に見えるはずです。つまり、勉強、読書、デスクワーク等の近業には裸眼でOKなのです。
「メガネをかけたりはずしたりすると目に悪い」といった言葉をよく耳にしますが、これは前項の理由から全くの誤りということになります。逆に、視力低下を早める原因にもなります。(但し、強度近視の人、乱視の強い人、遠視の強い人は別です)。誤ったメガネの使い方は、視力回復にとって効果的ではありません。
 また、強度近視(0.1以下)の人で、裸眼だと近くさえも見えづらい人でも、近くが楽に見える範囲のゆるいレンズの方が目には良いということになります。
 近くが裸眼で楽に見えていれば、近くを見る時はメガネをはずす。強度近視で、近くが裸眼では見えにくい人は、遠くを見るメガネと近くを見るメガネを上手に使い分ける。
(※遠くがよくみえるメガネで近くを見ると度数が強すぎることになり目が疲れます。)
 次回、民間療法について記載します。
posted by kin at 11:51 | TrackBack(0) | 日記

2007年02月20日

目が良くなりたい。

私は、近視・遠視・乱視です。
眼鏡も近視用・遠視用・遠近・遠々と持っていますが、

不便です。小さい字は見えないし、CADした後は、
かなりの乱視で、信号が上下にダブって9個に見えます。
もちろん、月も3個・・・運転するのが怖いです。

でも、もっと深刻なのは、左右で目が感じる明るさが違う
ことです。ひょっとして黄班変性?などを疑いつつ、とり
あえずで、ルテインを飲んでいます。

ルテインは黄色で、高い抗酸化作用を持ち、緑黄色野菜、
果物に多く含まれ、人間の目(黄斑部、水晶体)、乳房、子
宮頸部にも含まれる。 目の機能強化、白内障や黄斑変性
症などの眼病予防に役立つとして、近年注目されているカ
ロテノイドの1種です。


posted by kin at 22:45 | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。