2010年06月08日

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本

商品副データ見やすい・すぐわかる図解大安心シリーズ吉田憲次講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年04月登録情報サイズ:単行本ページ数:109pISBN:9784062847261【内容情報】(「BOOK」データベースより)視力を過剰に矯正する「過矯正」が様々な問題を引き起こす!レーシックが失敗する原因から、万が一失敗したときの対処法までを「レーシック難民」治療の第一人者が解説。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「レーシック」を受ける前に「知っておくべきこと」(最近よく耳にする「レーシック」とはどのような手術なのですか?/レーシックに「向いている」か確かめてみよう/レーシックは近視を治す「魔法の手術」? ほか)/第2章 実際に手術を受けるにあたって(レーシックには「どんな種類」がありますか?/医師の技量が決め手となる「マイクロケラトーム」を使用したレーシック/精度が高く、トラブルの少ない「イントラレーシック」 ほか)/第3章 「レーシック難民」にならないために(「レーシック難民」とは「どのような人たち」ですか?/どうして「レーシック難民が生まれる」のですか?/手術後に起きるトラブル「視力症状」「局所症状」「全身症状」 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)吉田憲次(ヨシダケンジ)楽視眼科顧問医師。1956年、山口県に生まれる。徳島大学工学部を卒業後、海外にて石油探査に従事していたがその後、山口大学医学部に入学。卒業後、近視矯正手術に興味を持ち同大学眼科学教室に入局するも、近視矯正手術の研修は当時の日本では不可能であったため、当時近視矯正手術の先進国であった韓国、シンガポール、香港、米国を視察研修する。韓国では実地トレーニングを受けるため韓国医師免許を取得。その後、一二三眼科、銀座一二三眼科、銀座スポーツクリニック、楽視眼科院長を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 美容・暮らし・健康・料理> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by kin at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。